産院入院中にやっておいたほうがいいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサードリンク

突然ですが…出産は大仕事です。
経験した方はわかると思いますが産後の体力消耗はひどいものがあります。
今日は入院中にやっておいたほうがいいこと5つをご紹介いたします。

産院入院中の一日の流れ

病院によって違うと思いますが私の入院した病院の1日の流れはだいたいこんな感じでした。ちなみに総合病院で基本的に母子同室で、疲れている時や寝たい時などは預かってくれるというシステムでした。
8時   朝食
その後少しすると看護師さんがやってきて検温、血圧等チェック。
出産の次の日と退院前は先生の問診・検査あり。

10時  赤ちゃんは体調や沐浴のため,小児科へつれていかれる。

少し1人の時間。

12時  昼食
その後午後の検温、血圧等。
退院前に母体のチェックの為、産婦人科外来へ診察と検査。(総合病院だったので・・・)
15時  おやつ
18時  夕食
夜中の授乳に備える。

結構午前中は忙しいです。これに赤ちゃんの授乳やおむつ替えが1、2時間おき(授乳は30分おきの時もありました・・・。)にやってきます。もともと完母を目指していたので入院中に頑張りました・・・。

 xc

といことでこんな私が入院中にやっておいた方がいいと思うことを書きます。

①まずは体を休める

出産は大仕事です。まずは母体の体調を整えないと赤ちゃんのお世話もままならなくなってしまいます。入院中、助産師さんや看護師さんが助けてくれる環境がある時に十分に体を休めましょう。
親戚やお友達のお見舞いもあるかとは思いますが、出産で疲れている身であり、慣れない赤ちゃんのお世話でお母さんもたいへんだと思いますのでほどほどにしてもらいましょう。早めに帰ってもらうとか・・・。(なかなかこれが言えないんですけどね。)

②助産師さんに質問しまくる、頼る

2人目、3人目の経産婦さんならまだしも、初めての出産で初めて母になるってすごく不安だと思います。私なんかおむつ替えでさえどうやるの?母乳って産んだらすぐ出てくるんじゃないの?っていうかおっぱいってどうやってあげたらいいの~!!とまぁ聞きたいことのオンパレードでした。

退院したら1か月はあまり外には出廻れないしなかなか聞けなくなってしまいます。入院中に頼りまくってどうしたらいいか相談しまくりましょう。(言葉は悪いですが、これほんとです。)私ってナースコールならしすぎ?って思うくらいならしまくっていました。
おむつ替えや授乳の度にならしていたといっても過言ではありません。
そして聞きたい事は我慢せずに聞きましょう。初めて母乳あげたりすると乳首のトラブルとかもありますし…。ケアの仕方とか教えてくれる看護師さんも多いです。

スポンサ ードリンク

③母乳育児を目指すなら入院中に頑張る

②の最後の方にも書きましたが、初めて母乳育児を目指すなら、助産師さんに相談できる入院中におっぱいをあげるコツとかおっぱいのトラブルのケアの仕方とかを聞いて少し頑張って直接母乳であげる回数を増やした方がいいと思います。

なんでも経験。退院してから嫌でも初めてってことがたくさんあるので入院中にできる経験は相談できる人がいるときにしておいたほうがいいです。もちろん退院後も助産院等でもみてもらえますが、産後1カ月はなかなか外にでたりできないと思いますので…。

④疲れたら寝る

③で頑張れと言っておいてなんですが、疲れたら預かってくれる環境があるのも入院中しかありません。退院したら嫌でも起きなければいけないのですから・・・。寝られる時に寝ておきましょう!!

⑤自分の体調がよくなかったら必ず言う

これ、意外と赤ちゃんのことばかりになってしまって自分の体調に目を向けきれない方が多いんではないでしょうか…。慣れない抱っこで肩こりから来る頭痛、お産の時の痔、オロの状況、子宮収縮の痛み等…。産後のお母さんの体はボロボロといっても過言ではありません。昔は体が完全に戻る2、3年は次のお産まであけましょうと言っていたぐらいだそうです。是非少しでも具合の悪いところがあったら看護師さんや先生に伝えるようにしてください。

私の経験を踏まえたうえで、実際にわたしもそうしていたこと、思い返せばこうしておいたほうがよかったなと思うことをご紹介しました。
なにはともあれ高い入院費を払っているのですから、とことん病院を活用しましょう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサ ードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る