歯の痛みは虫歯だけじゃない!歯痛&歯周病との

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサードリンク


生まれて36年、「歯」だけには少々自身がある私。
幼い頃歯磨きを鬼のようにしてくれた母に感謝である。
30になるまで虫歯なく親知らずを抜く以外は歯医者とは無縁だった。
とはいえ虫歯になって神経を抜いたのは現在でも1本だけ。
現在全て白い歯。銀歯などつけたことがない。

そんな私が最近歯の調子が悪い…しみる。かむと痛い…。
これは虫歯か?!いや違うと葛藤を繰り返すこと一週間。
会社の昼休み。先輩方に
「最近歯が痛くて・・・でも虫歯じゃないかと考えると歯医者さんいくのもなんか腰が重くて。歯医者さんもたくさんあってどれにいったらいいかわからないし、予約とるのとかめんどくさいし…。我慢できないほどの痛さでもないし。」
といったところ、
「歯は自力では治らないから、絶対早めに行ったほうがいい」
というアドバイスを頂いた。

確かに風邪と違って病院に行かなくてもウィルスがいなくなれば治るってもんでもない。
歯は悪くすると厄介だ。

早速昼休みにネットで近所の歯医者さんを調べると山のように検索結果が出てきた。
え~!この中から選ぶのかい!無理だよ~と思いながら何軒かみて、自分の歯をなるべく大事にしてくれるとHPに書いてあった歯医者さんに電話してみることにした。

どうせ混んでるから予約とれるのは一週間後くらいかな?!とだめもとで電話。
「●●クリニックです」
「あの~、歯が痛くて診ていただきたいんですが予約とれますか?」
「歯が痛いのですか!それは早めのほうがいいですね。今日のほうがいいですよね?」
「はぁ・・・でも予約いっぱいですよね?」
「予約はいっぱいなのですが・・・少々おまちください」
♪♪保留音♪♪
「来ていただければ少しお待たせするかもしれませんが大丈夫ですよ!」
「えっ?!今日みてもらえるんですか?あっ、でも今仕事しているのでいけても18時位なのですが・・・」
「大丈夫ですよ!いらしてください」
今日の今日でみてもらえるとは思っていなかった私は少々焦り・・・
でも診てくれるならと先輩方に話して会社を早めに上がって歯医者さんへ・・・

「あの~お昼に電話した初診の●●です」
「はい。ではこちらにご記入を・・・」
と病院でよく見かける作業が続く。

しばらく待っていると呼ばれて久しぶりにあの歯医者さん特有の椅子へ座る。
最初に歯科衛生士さんが歯の状態を見てくれて次にやさしそうなお医者さんが診てくれました。レントゲンをとって、解説もしてくれました。
どうやら虫歯ではなく歯周病の初期の段階でまだ修復可能とのこと。
「ほっておくと修復不可能になっていたので今日きてくれてよかったです。」
といってくれました。いやいやこちらこそ予約でいっぱいのところ診てくれてありがとうといいたかったです。
「歯垢をとって歯磨きをしっかりするとだんだん治っていきます。歯周病用の歯ブラシが売ってるのでそれで歯磨きしたほうがいいです。」
というアドバイスもくれて薬などの投与はなく、歯垢の除去をしてくれました。
とってもやさしいお医者さんとかわいらしい歯科衛生士さんで大満足の私。いい歯医者さんでよかった~!と。
一週間後予約して、薬局で歯ブラシを探すのが面倒だったので歯医者さんで歯ブラシも購入して帰宅。
スポンサ ードリンク

朝晩歯ブラシを欠かさずして一週間後・・・
歯医者さんへ行くと・・・

あきらかに自分より年下のかわいらしい歯科衛生士さんに
「歯磨きがんばってくださってるんですね!!!」
とものすごいお褒めの言葉を頂戴して久しぶりにほめられたわたしはテレながらニヤニヤしてしまった。
そう女も36にもなると怒られることも減るがほめられることも無いのだ。

歯垢をとってもらうときの霧吹きみたいなのがしみるといえば違う方法でとってくれて・・・至れり尽くせりに感動。
そしてやさしいお医者様が登場!
お医者様:「キレイになってますね!」
「液体のお薬使うと歯ブラシで落としきれないところまでキレイにしてくれますよ!」
とのこと。液体のお薬?歯磨きで?とはてなマークが浮かんでいた私はハっと思い出し、
私:「モンダミンみたいなもののことですか?」
と聞いたら
お医者様:「そうです。」
モンダミンとか使ったことなかったので帰りにドラックストアによることを心に誓う私。

歯磨きをがんばったおかげか。次は三週間後でよいとのこと。
やったー!!!

さてさて帰り道。早速ドラックストアへ。
そこで歯医者さんの受付にあったものと同じものを発見。
その名も
「リステリン」
リステリンの中でも色々種類があるみたいで低刺激とか何に効くとか書いてある・・・・
・・・どれがいいんだ?・・・・
悩む。。。。
が、結局歯医者さんの受付にあったものと全く同じものを購入。

さて初「リステリン」。
『まず口の中に含んでぶくぶくして吐き出して歯ブラシをする』とかいてある。
ぶくぶくすればいいだけかと思っていたのでブラッシングすると書いてあったのは意外であった。
早速口の中へ・・・
「うわぁ!ゲっなんだこのすごいのは!!!」
吐き出して思わず叫ぶ。すごい刺激だった・・・。こんなもの口に含んだこと無い!みたいな刺激だった・・・・
まじか。。これを歯磨きのたびにやらなきゃいけないのか。ケチな私は大容量のものを購入してしまった。

ボトルをみながら途方にくれる私。

よし!と。
ケチな私の覚悟はきまった。
この1本は使いきろう。

数日たつと刺激にも慣れてきて、口の中に含んでいられる時間が長くなった。
リステリンを使い始めて一週間。
しかも♪歯や歯茎の調子がいい。冷たい水でうがいするとしみていたのにそれがだんだんなくなってきたのだ。
す、すげー。リステリン。
リステリンだけじゃなくて歯垢をとってくれた歯医者さんもすごいんだけど。
二週間たった今はリステリンも1/3以上無くなってわたしの口の中も快調に!!!

来週の歯医者さんでまたほめられちゃうかもしれないとほくそ笑む私でした。

ご精読ありがとうございました。

刺激にびっくりしたリステリンはこちらです

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサ ードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る