子供へのプレゼントはどんなものがいい?!~1歳半から2歳~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサードリンク


子供へのプレゼントって悩みますよね。
親の考え方もあるだろうし。一体どんなものがいいのか…。
折角あげるんだから喜んでほしい。
さて、ここで考えるのはだれによろこんでほしいか?ということです。
小さいお子さんへのプレゼントなので、子供本人に喜んでほしいのか、はたまた親によろこんでほしいのか…。
1歳半にもなると自我が目覚めておりますので自分がほしいものの主張くらいはできます。ただ、あれがほしいとかはまだ言いません。
どうせあげるなら子供にも親にも喜んでほしいですよね!!

1.子供へのプレゼントNGなもの

NGその①:お菓子やジュース

※注意:子供は喜びます。きっと
でも、どんなお菓子でもあげているかいないかは分からないし、子供用のお菓子もあげずにちゃんと手作りしている方も多いと思うのでお菓子や甘いジュースはNGです。

NGその②:大きなおもちゃ

どんなところに住んでいるのかとか親しくしている家族ならばいいかとおもいますが、大きなおもちゃは置く場所に苦労してしまうこともあるので注意が必要です。
NGなものばかりあげていてもきりがないので、喜ばれそうなものをあげてみましょう!!
スポンサ ードリンク

2.おすすめの喜ばれるプレゼント

おすすめ①:少し大き目の靴

靴って値段がピンキリですし、小さい子は3カ月おきにサイズが変わってしまうほど成長が早い…。
でも必ず買わなければならないものですし、安いものですませている場合が多いです。(セレブの方は別です。)
プレゼントとしては、ニューバランス、アシックス、ミキハウスといったところが無難でしょうか。
もっと、マジックテープが2連のものの方が、少し大き目でもギュっと締められるので使いやすいです。

うちも購入したニューバランスをご紹介しますね↓↓↓↓↓

 

価格:3,968円(税込、送料別)

 

歩く前でしたら13cm以上を買っておけばいつかははけるかと思います。
ちなみに女の子の我が子は歩きだすのが遅くて1歳4カ月くらいで外靴デビューだったのですが、ファーストシューズで購入したのは13cmでした。
最近は1歳前から歩きだすお子さんも結構いるので小さいサイズから用意されているのではないかと思います。
我が家で購入したファーストシューズはミキハウスでした。
保育園でも同じものをはいている子が1人いました。先生にきくと、これは昔からありますが、やはり柔らかくてはきやすいですよね~といわれましたので定番ですが、お勧めです。

おすすめ②:図書カード、ギフトカード

現金ではちょっと…という間柄の方にはこちらがお勧めです。
図書カードは絵本やかるた等が購入できますし、ギフトカードは言わずとしれておりますが、まあ大概のものは購入可能です。
これは出産祝いのところでもあげさせて頂きました~!!!

おすすめ③:レイングッズ

外で歩き始めたくらいですとまだ用意していない方が大半なのではないでしょうか。
我が子はなぜか傘もレインコートも大好きで…。雨が降っていないのに着ようとしています…。
保育園に通われているお子さんですと、雨の日もおかまいなしに外出しなければいけませんし、必須アイテムではないかと思います。
雨の日も外で歩けるくらいしっかりしている2歳前後のお子さんはやはり上下セットのものの方がいいかと思います。
ポンチョはかわいいのですが、やはり雨除けとしては頼りないです。
調べてみたらこんなのもありました!!これはかなり使えそうです!!!

おすすめ④:おもちゃ

趣味が分かっているお子さんへのプレゼントはやはりこれが一番喜びますよね!!
男の子ですとミニカーやプラレール等があるトミカの製品なら間違いないでしょう。ただ、もっているものとかぶってしまう場合もあるので事前のリサーチをお忘れなく…。
女の子ですとメルちゃんのお世話グッズやぬいぐるみ、おままごとセット等喜びますよね~。
ちなみに男の子もおままごとやお店やさんごっこがすきなお子さんも結構聞きますよ~。

おすすめ⑤:知育玩具

上のおもちゃとかぶってしまうかもしれませんが、知育のものは親もよろこぶかも?!
このころですと絵合わせのカードや簡単なかるたみたいなカードとかブロックとか…。

まずは絵合わせカード↓↓↓

 

マグフォーマー↓↓↓
これは結構お高いのですが、5歳を超えたお兄さんでもまだ遊べる位、長ーく遊べます。(実際に友人のお子さんも5歳ですがあそんでいます。)立体感覚も身につくのでおすすめですよ~!
そして大人がやっても面白いです。我が子もまだ1歳半ですが、繋げて遊んでいます。

いかがでしたでしょうか。是非是非、プレゼント選びの参考にされて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサ ードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る