働くママのFX 初めてのロスカット体験更に祝日のスプレッドに注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサードリンク

こんにちは。
昨日は振り替え休日だったので今日から一週間スタートの方、多いのではないでしょうか…?
さてさてFXを始めて4週目の私です。

先日チラっとお話しましたが、初ロスカット体験をいたしました。
先週末のアメリカドル円のびっくりするほどの下降線・・・(↓↓↓これね…)
image
初心者の私はまんまとやられてしまいました。
まぁ主婦のFXですので5万円しか元金をいれていなかったのでロスカットされるのも早く約4000円分でしたが…。
主婦には手痛い出費そしていい社会勉強となりました…。
焦って取り戻そうとしてはいけない。ドツボにはまってしまいます。
チャートをじーっとみて自分の得意なポジションをジーっと待つのみです。
待ちました、待ちました…
よくわからずポチっとしました。
あぁ~またマイナス。わたしがポチっと押すと反対側にチャートが動いていく…(泣)
を繰り返してしまいました。やってしまいました。
怖くていくら負けているのかみられません。ガビーン。

さてさて、ロスカットってなんだ?という方のためにここで用語のご説明を…

ロスカット(強制決済)とは?

ある一定の損失額が発生した際に自動的に取引を終了させること。

これは、FX会社に入金している額、そしてFX会社によって基準が違いますのでよく確認してみてください。
特に値動きの激しいときに入金額が少なくて持ち続けていると自分が思ってもいないときに決済されてしまうことがありますので…。
私の場合はロスカットされて助かったのですが…。

今回の私の反省①
ポジションは持ち続けない。10円でも1円でもプラスになるならば即決裁する!

となりました。長い間持っていてプラスになったことはまずない私の教訓でした。(もちろん長期的に投資されている方やちゃんとチャートや経済ニュースが読める方はまた別です)
スポンサ ードリンク

そして今日は特別大サービス
ここからは私の失敗談2つ目のお話です。

祝日のスプレッドに気をつけろ!!

です。スプレッドってなんだ?という方。

スプレッドとは…

取引画面をみると通過の価格は売値と買値の2つの価格が表示されています。
この売値と買値の差額をスプレッドといいます。(たいていのFX業者は取引ごとの手数料をとらないため、このスプレッドが取引業者の手数料となります。)

21日は振り替え休日でした。というわけで米ドル円の取引している人の数も少ないそうです。
早く目が覚めた私はなにも知らずに家族がねている間にとスマホのFXアプリを立ち上げました。
ポチッと売をおしてポジションをとってから気がつきました。
いつもドル円が0.6銭のスプレッドの業者がジーっとみていると3.5になったり0.6になったりを繰り返しています…。
なんじゃこりゃ?システムが壊れたか?!
しかも私のいい方向にいこうとすると3.5に上がって損失がすごいことに…。
怖くなってマイナスでしたがとりあえず決済しました。これで-500円。。
絶対壊れてる!と思って業者に即ざに問い合わせメールをしました。

そうしたら…
『お問い合わせいただき、誠にありがとうございます。
当社の提供するスプレッドは固定されたものでは無く、市場流動性が低下する状況下においてはスプレッドが拡大する場合がございます。
月曜の朝、特に本日のように日本が祝日の場合等には、参加者が極端に少なく、為替市場のレート自体が拡くなるため、当社の提供するレートも拡がることがございます。
よろしくお願いいたします。』

と返信がありました。ほほう。そういうことなのか。
というわけで

今回の私の反省②

スプレッドをみて不安定なときは取引しない。安定している業者を選ぶ。

皆様、お気をつけください。。

ここからはおまけです。
FXを始めて4週目に入った私ですが、色々な会社で口座開設して自分に合ったスマホソフトを吟味中です。
現在6社(SBIFXトレード、みんなのFX、DMMFX、外為ジャパン、JFX、GMOネオ)を試してみております。
現在のところ、初心者の私がなんとなーくで扱えて扱いやすいなぁと思うのはDMMFXと外為ジャパンです。
両方ともDMM証券なので使い勝手は同じですが。。
口座開設は無料+キャッシュバックキャンペーン中(2016年5月末まで)なので興味ある方は申し込んでみてください。
DMMFX

外為ジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサ ードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る