赤ちゃんと初めての雪山準備 持っていくもの10点 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサードリンク

こんにちは。

今日は少し涼しいですね。

少し早いですが、赤ちゃんと初めての雪山準備についてふれたいと思います。

我が子も1歳で雪山デビューを果たしました!!!

1歳だったので体調を崩さないかとかかなり不安でしたが、連れて行って大正解!

天候にも恵まれ楽しくそり遊びをして過ごせました。

そこで必要だったもの、便利だったものについてご紹介していきたいと思います。

①ユニクロのヒートテック(タートルネック)

ヒートテックを持っていきました。子供は大人より1枚少なくていいとよくいいますが、雪山はさすがに寒いのでヒートテックを購入。

タートルにすれば首元も冷えないので安心です。

ただ、シーズンで結構着たせいか、何度も洗濯を繰り返すと毛玉が気になりました。

1シーズンで着たおしといった感じでした。

まぁ、子供は次のシーズンにはサイズが変わってしまうので1シーズンと思って買えば全然損はないと思います。

②タイツ

冬はタイツに助けられました。雪山でなくてもスカートをはかせるときなどは愛用。

ただ、雪山ということでこちらもヒートテックのタイツを購入していきました。

ユニクロのまわしものではないですが、大人のものもそろうし、ネット通販もやっているのでユニクロは本当に便利です。

③スノースーツ

こちらは、我が家は幸運にもお友達のお下がりを着させていただけました。

スノースーツってそんなに使わないし最初のお試しでは雪山を楽しむかも嫌がるかもわからないのでお下がりで十分。

お下がりやヤフオクで安く手に入れる…またはレンタルでも借りられますので行くまでにぜひチェックしてみてください。

④スノーブーツ

こちらも我が家は幸運にもスノースーツと同様にお友達のお下がりを借りました。

お下がりがないっていう方はスノーブーツは長靴で代用はできないので買うか借りるかした方がいいです。

⑤手袋

こちらも我が家は幸運にもスノースーツやブーツと同様にお友達のお下がりを借りました。

最初はつけるのを嫌がりましたが「か~わいいよ~」とか「ほらおにいちゃんやおねえちゃんみんな手袋しているよ」といったらつけてくれました。

雪に直接触るとすぐに赤くなってしまうので手袋は必須です。晴れていても空気は冷たいので遊んでいるうちに手が冷えてしまいますしね。

スポンサ ードリンク

⑥帽子

こちらは購入していきました。ニット帽は普段使いもできますし。

そり遊びも結構危険で接触することもたまにありますので頭の防護のためにも帽子は必需品です。

⑦リュック

私はこれをすっかり忘れてしまったのですが、雪山では必需品です。

両手は使えるようにしておかないと子供の動きについていけないしいざという時にさっと手がでませんのでおむつやおしりふき、水筒、非常食をつめこめるようなリュックを持っていくことをお勧めいたします。

⑧オムツ&おしりふき&着替え

こちらはお出かけの必需品ですね。

⑨水筒

寒くてものどは渇きますので水筒は持って行った方がいいです。

⑩非常食

やどからスノーパークまでが離れている場合は、お気に入りのお菓子や非常食をもっていっておくとクズリ始めた時に安心です。

 

以上です。いかがでしたか??ちょっと早いですが、ご紹介いたしました。

雪山は自分もたくさん着ているのでどうしても動きがにぶくなるため、なるべく荷物は少なくいきたいですよね。

そのために必要最低限のものを書きだしました。

このほかに子供の成長を撮影するカメラやビデオカメラなどもお忘れなく・・・今は携帯でもきれいに撮影できますけどね!!

ではではまた明日~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサ ードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る